• banner01
  • banner02

菊芋について

菊芋とは?選び方や保存方法、栄養成分について



 菊芋は菊科ヒマワリ属に分類される多年草で、実は全国で自生しています。旬は11月~3月で主に塊茎を食します。

秋になると黄色い花を咲かせ、花や茎が枯れると土の中の根っこが成長していきます。生でも食べることができます。

戦後の食糧難を救った食物ですが、次第に生産されなくなり、すっかり食卓から姿を消していましたが、菊芋の機能性に注目されるになり、少しづつですが生産量が増えていきています。

◆選び方
菊芋は根っこがこぶのように膨らんで大きくなったものです。連作すると多きく育たなくなり、栄養価も下がってきます。買う際には、できるだけ大きなものを選びましょう。5㎝以上のものがいいですね。

次に、身が硬く締ったものを選びましょう。菊芋は収穫後から水分が失われていくので、日にちが経つと柔らかくなっていきます。皮の硬いものがおすすめです。

◆保存方法
菊芋は乾燥を嫌います。冷暗所で保存してください。できれば新聞紙にくるんでビニール袋に入れて、冷蔵庫での保存が望ましいです。

土をかぶせておくのもよい方法です。場所が確保できるなら、プランターなどの大きい箱に土と一緒に保管すれば、春先まで食べることができます。


<栄養成分>
◆イヌリン
まず、菊芋が注目されるようになった一番の要因はイヌリンという水溶性食物繊維に分類される成分が豊富に含まれていることです。
イヌリンは、糖の吸収を穏やかにする働きや、腸内環境を整える働きが認められている成分で、特に血糖値が気になる人に注目さています。
他には中性脂肪の上昇を抑える研究報告もあり、生活習慣病予防に積極的に摂りたい野菜と言われてます。

◆カリウム
次に菊芋は、カリウムの含有量も多く体内のナトリウムバランスの調整が期待できます。
菊芋を食べるようになって、血圧が改善されたとの体験談はカリウムによる働きかもしれません。
体内の余分な水分を排出すると言われるカリウムはむくみ対策にも活躍する成分です。

◆ポリフェノール
他にはポリフェノールが豊富です。ポリフェノールは抗酸化作用があり、病気の予防に一役買ってくれるので、積極的に摂りたい成分です。
女性には嬉しいシミやクスミの原因物質を取り除いてくれる働きがあります。

コメント

Down Arrow コメントをする
菊芋とは?選び方や保存方法、栄養成分について

素敵な投稿

菊芋とは?選び方や保存方法、栄養成分について

にした本当に\良かったウェブサイト\周りを見回しました。 \する\たかっ| | |必要な私はちょうど\たかった私は、あなたが気

菊芋とは?選び方や保存方法、栄養成分について

確かにこれはとても良いです

コメントする

名前

URL

コメント

Pick Up

Buyer’s Select

カレンダー
  • 今日
  • 休業日

営業時間は10:00~18:00です

ページトップへ